SANANEBLOG
GAS PR

【画像・動画投稿可能】X(Twitter)投稿予約ツールマニュアル

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

はじめに

この度、X(Twitter)投稿予約ツールを作成しました!

このツールはXの投稿を事前にスケジュールし、自動的に公開することができるツールです。Googleスプレッドシートを使用して投稿を管理し、事前にGoogle Driveにアップロードした画像や動画も簡単に投稿可能です。

現在はBOOTH・ココナラにて販売を行っております。

ココナラではツールの導入まで不安な方向けにサポート、必要に応じてカスタマイズの相談を受け付けております。

X(Twitter)予約投稿ツール提供します SNS運用の支援、投稿を管理したい方へ

本記事はこのX(Twitter)投稿予約ツールのマニュアル記事となります。

ツールの特徴

投稿予約が可能

Google スプレッドシートで投稿の管理を行い、シンプルな投稿予約画面から投稿の予約を行うことができます。

画像・動画投稿が可能

無料提供版では画像投稿のみでしたが、本ツールでは動画投稿も可能になっております。(最大45MB程度/140秒まで)

画像や動画は自身のGoogle DriveにアップロードしたフォルダのURLを投稿時に指定することで投稿が可能となります。

本ツールではGIFの投稿はできません。

リプライが可能

自身の投稿に対しリプライを行うことで、140字以上の投稿や時系列に沿った投稿が可能となります。

画像・動画でのリプライも可能です。

本ツールではツリー型の投稿はできません。自身の投稿にリプライを行うことでツリー型に近い機能を実現できます。

ご購入の際の注意点

キャンセル・返金について

BOOTH ではシステムの都合上、ダウンロード販売の返金、キャンセルは一切お受け出来ませんのでご注意ください。

そのため、まずは無料で提供しているツールにて動作を確認いただき納得の上ご購入をお願い致します。

【無料DL可】X(旧Twitter)自動投稿ツールの利用方法【画像複数投稿可能】 はじめに 今回の記事では、Google Apps Script(GAS)とGoogleスプレッドシートを使用した、X(旧Twit...

利用にあたっての注意事項

本ツールを利用にあたり、事前に以下が必要となります。事前にご用意ください。

  1. X(Twitter)のアカウント
  2. Googleアカウント

操作はPC推奨となります。(スマートフォンからの動作は未確認となります。)

著作権について

本ツールの転載・販売・譲渡は禁止とさせていただきます。

本ツールのソースコードのカスタマイズ・改変は自由です。動作しなくなった場合は再度DLリンクからDLし再設定する必要があります。

Xによる仕様変更について

XによるAPIの仕様変更により、ツールが急に動作しなくなる場合がございます。定期的なアップデートは行いますが、API仕様変更による動作保証はいたしかねます。

利用までの準備

シートのコピー

まず、ご購入のリンクからスプレッドシートにアクセスしてください。

ログインから自身のGoogleアカウントでログインを行います。

スプレッドシートの上部バー[ファイル]>[コピーを作成]をクリックします。

名前を任意のものに変更し、[コピーを作成]をクリックします。

新しいタブが開き、コピーが作成されます。

事前準備①

コピーしたスプレッドシートをにて、数秒ほど待つとヘルプの右に[事前準備メニュー]が表示されます。こちらの[①Callback URI/Redirect URL表示]をクリックします。

表示されない場合はブラウザ更新などを行ってください。

[認証が必要です]というモーダルが表示されたら、

  1. [OK]をクリック
  2. 現在ログインしているGoogleアカウントをクリック
  3. [詳細]をクリック
  4. [無題のプロジェクト(安全ではないページ)に移動]をクリック
  5. [許可]をクリック

もう一度、[①Callback URI/Redirect URL表示]をクリックします。

表示されたURLをコピーして控えておいてください。

Twitter API 発行

下記記事を参考にして、Twitter APIキーを発行してください。

【2023年10月版】X(旧Twitter)FreeプランのAPIキー取得方法 はじめに 本記事では、X(旧Twitter)のBot作成や自動ツイートなどを行うために必要な、APIキーの取得方法について解説し...

[User authentication settings]では、以下画像のオレンジ枠のように設定します。

App Info の[Callback URL / Redirect URL]には先程コピーしたURLをペーストします。

[User authentication settings]の設定後は、[Keys and tokens]から画像の枠内にある以下4つを[Regenerate]などで再発行して、メモ帳などに控えておいてください。

  • [Consumer Keys] > API Key
  • [Consumer Keys] > API Key Secret
  • [OAuth 2.0 Client ID and Client Secret] > Client ID
  • [OAuth 2.0 Client ID and Client Secret] > Client Secret

事前準備②

再びスプレッドシートに移動し、上部バーの[事前準備メニュー]から[②認証情報入力]をクリックします。

それぞれの値には先程控えておいた認証情報を入力し[OK]をクリックします。

  • API_KEY →Consumer Keys:API Key
  • API_SECRET →Consumer Keys:API Key Secret
  • CLIENT_ID →OAuth 2.0 Client ID
  • CLIENT_SECRET →OAuth 2.0 Client Secret

事前準備③

次に、上部バーの[事前準備メニュー]から[③TwitterWebService認証]をクリックします。

認証用のURLがモーダルに表示されるため、こちらをクリックします。

URLが見つかりませんでした。」と表示された場合は、スプレッドシート上部バー[拡張機能] > [Apps Script] からGASエディタを開き、 左メニューの歯車マーク[プロジェクトの設定] > スクリプトプロパティにAPIキーが保存されているか確認してください。

保存されていない場合は直接入力してください。再度エラーが発生する場合はAPIの再発行などを行ってください。

また、「URLが見つかりませんでした。」と表示される理由の一つにすでに認証が完了しているという場合があります。GASエディタの[実行ログ]からshowTwitterWebServiceAuthDialogのログを確認し、「Already authorized」と表示された場合はこのまま事前準備④へ進んでください。

Twitterの認証画面が表示されるので、[Authorize app](またはアプリにアクセスを許可)をクリックして[Success]と表示されると認証が完了します。

事前準備④

次に、上部バーの[事前準備メニュー]から[④Oauth2認証]をクリックします。認証用のURLがモーダルに表示されるため、こちらをクリックします。

ここでも新規タブで認証画面が表示されるので、[Authorize app](またはアプリにアクセスを許可)をクリックして[Success]と表示されると認証が完了します。

[Denied]または別のエラーが表示される場合は、Twitter APIキーに不備がある場合があります。TwitterDevPortalで再度APIキーの再生成を行い、②からやり直してください。

やり直す前には、スプレッドシート上部バー[拡張機能]>[Apps Script] からGASスクリプトエディタを開き 左メニューの歯車マーク[プロジェクトの設定] > スクリプトプロパティに登録されているAPIキーも全て削除してください。

利用方法

テキスト投稿

まずはテキストのみの投稿方法を紹介します。

B列に投稿内容の記載

B列に投稿内容を記載します。

メニューから投稿予約

その後、上部メニュー[投稿予約メニュー]から[投稿予約]をクリックします。

投稿Noと日時を入力

投稿予約用のモーダルが表示されます。

Noフィールドには投稿したい投稿のNoを入力します。

Noフィールドには自動で現在選択しているセルの行にあるNoがデフォルトで入力されます。

DateとTimeには予約投稿したい日時を指定します。

Timeにはデフォルトで現在の時刻が入力されますが、その時刻で予約を行うとプログラムの実行時間の兼ね合いから、上手く投稿がされない可能性があります。

現在時刻よりも2分ほど遅らせて投稿することを推奨します。

投稿の予約

[予約]ボタンをクリックするとモーダルが閉じ、予約した投稿のE列に予約した日時が記載されます。

投稿完了

投稿時間になると投稿が行われ、完了するとF列にツイートIDが入力されます。

問題なく投稿が完了すると、以下のようになります。

投稿時間が5分以上過ぎてもXに投稿が行われない場合は再度予約を行ってください。

画像・動画投稿

本ツールでは画像、動画の投稿が可能です。4つまでの同時投稿も可能です。

画像・動画の管理はGoogle Driveにて行う必要があります。

Google Driveの準備

画像・動画投稿を行うには、対象のファイルが入っているGoogle DriveのフォルダのURLをD列に記載します。

D列にGoogle DriveのURLを貼り付けます。

B列の投稿内容を記載して、再び投稿予約を行います。

問題なく投稿が完了すると、以下のように画像が投稿されます。

動画も以下のように投稿が可能です。

画像一枚あたりの最大容量は5MBになります。画像の拡張子によっては上手く投稿が行えない場合があります。

動画の最大容量は45MB/140秒になります。容量を超えて投稿すると投稿に失敗します。動画のアップロード時間のため予約時刻から5分ほど投稿までに時間がかかる場合があります。

リプライ投稿

リプライ投稿を行うには、リプライしたい投稿の1行下に投稿を作成してください。

予約取り消し

一度予約した投稿を取り消したいという場合には、予約取消機能が使用できます。

投稿予約メニューから[予約取消]をクリックします。

表示されたモーダルで取り消したい投稿のNoを入力して[予約取消]ボタンを押すことで予約を取り消すことができます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c5746e928cb6a852ae29e35281f39bd9.png

予約取消ボタンを押してからモーダルが閉じるまでに少々時間がかかります。

利用中の注意点

一度に予約できる投稿数は20個まで

GASの制約上、一度に予約ができる投稿数は20までとなります。

一日に投稿できる数については、APIプランによって異なります。無料で使用できるAPIでは50ポストまでとなります。

カスタマイズにより一度に予約できる投稿数を20から無制限に変更することも可能です。(一部制限あり)

ココナラにてご相談ください。

X(Twitter)予約投稿ツール提供します SNS運用の支援、投稿を管理したい方へ

同時刻投稿は不可

同じ時間に複数の投稿を行うことはできません。

リプライも2分ほど元の投稿までに空けてください。

同じ内容の投稿は不可

同じテキストの内容の投稿はXの仕様上できません。

投稿間隔

テキスト・画像の投稿の場合は、次の投稿までに2分程度間隔を空けてください。

動画の投稿にはアップロード時間を考慮し、次の投稿までの間は5分程度空けることを推奨します。

動画投稿について

動画は拡張子がmp4のみが投稿可能です。また、アップロード上限は約45MBとなります。

必要に応じて動画の圧縮などでサイズを下げてください。

有料版アカウントの機能は利用不可

本ツールでは、有料版アカウントの機能(140字以上の投稿・2分20秒以上の動画投稿)には対応しておりません。

よくあるエラーについて

動画投稿ができない場合

画像・テキスト投稿はできるが動画投稿ができない場合には、お手数ですが以下を実施ください。

  1. スプレッドシートを上部バー[拡張機能]>[Apps Script]にてGASのスクリプトエディタを開く
  2. 左メニュー[エディタ]より、[func_oauth1.gs]を選択、関数選択画面から[reset]を選択、[実行]をクリック
  3. スプレッドシートに戻り、[事前準備メニュー]の[③TwitterWebService認証]を実行し、認証を再実施します。
  4. 再度ツールを試していただき、動作するかご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせはBOOTHやココナラ、本ブログのトップ[お問い合わせ]からお願いいたします。